離乳食時間に重宝!野菜の冷凍収納ツボ�F【葉もの野菜】

【離乳ひとときに合わせた冷凍維持】
・最初〜中期
白菜やキャベツは柔らかく茹でても繊維が居残るので、細く刻んだら、さらにすり鉢などで繊維を下回るような感覚ですり潰していくことが必要です。すり潰していくと滑らかな添付状になるので、それを製氷皿に入れて冷凍していきましょう。完全に冷凍できたら冷凍維持手提げ袋に移し替えて保存していきます。
・後期〜締結期
離乳食の時期に当てはまるがたいに刻んでいきます。それを製氷皿やラップに1食分たび包んで赴き、冷凍維持手提げ袋に入れて冷凍していきます。
【レタス】
レタスも白菜やキャベツ同様の方法で冷凍維持できるのですが、レタスの場合は用意が大変です。その大変さについて、冷凍やれる数量も思っているよりもできない結果、その都度使いたい場合用意を通して出向くのがおススメです。
【葉カタチ野菜の冷凍維持ときの転機】
ほうれん草は、離乳食の初期段階から使える万能野菜ですが、アクが強いのが難点ですよね。アクを感じて仕舞う事で召し上がるのを嫌がって仕舞う乳児もいらっしゃる。ですのでアクを感じないように用意を通して行く事が大切です。こういうアクを制する転機が、敢然と水で洗う要素。こうする事でアクが過ぎ行くので、このポイントを忘れずに行っていきましょう。
また、葉カタチ野菜では瑞々しい要所を中心に使って出向く事になりますが、こういう茹でる場合大人の分け前も一緒に茹でてしまえば、茹でた後に、離乳食で使いたい要所だけを、先刻ご紹介した方法で冷凍保存していけば良いので、アダルト分け前といった乳児分け前とダブル一緒に仕上げて行く事ができるのでおススメです。

●大根・かぶ・にんじん●
じゃがいもやかぼちゃ等の他にも、大根やニンジンといった根菜はよく使って出向く原料ですが、その都度茹でていくには柔らかくやるまでに瞬間が掛かってしまい、手早く仕上げたい場合ヤキモキする手法。そういった根菜も冷凍保存しておくと時短になりとても便利です。
【作り方】
大根やかぶ・にんじんは皮を剥いておきましょう。その後は離乳ひとときに合わせたがたいよりも少し大き目に刻んで、水が入っている鍋にいれて火にかけていきます。根菜は水から茹でて行くのが基本です。
【離乳ひとときに合わせた冷凍維持】
・最初
適当ながたいに刻んでおいた根菜をすり潰して、なめらかな添付状に行う。添付になった野菜を製氷皿に入れて冷凍し、完全に凍ったら冷凍維持手提げ袋に移して冷凍しておきましょう。
・中期〜締結期
離乳食のステージに合わせたがたいに刻んで置き、それを製氷皿やラップに1食分ごとにラップに包んでおきます。包んだら冷凍維持手提げ袋に入れて冷凍庫に入れておきましょう。
【根菜の冷凍維持する時の転機】
根菜は、薄く切ってから茹でていくと、柔らかくなるまでに瞬間がかかってしまい、柔らかくなりにくいので、ちょっと大き目に切って茹でて行くのがおススメです。
やわらかくゆであがったら、離乳ひとときによって刻んでいくと美味く仕上がります。単にニンジンは最初に棒状に切っておくと、茹であがった後の刻みもやりやすく、均等に刻んでいただけるのでおススメです。http://www.toutenburgfestival.nl/